碧のサカナ

V6.嵐.ハロプロについてお話しします。

嵐が活動休止を向かえる

 

 

こんな日が来るなんて思ってもいなかったし、

思いたくもなかった。

 

 

よくある言葉にしかならないんだけど、

想像もしていなかった。

 

 

驚きと悲しみと、

 

 

悲しくて悲しくて、悲しいしかありません。

 

 

一人で歌が歌いたくなったら嵐でもできるし、

ダンスがもっとしたいなら嵐でもできるし、

絵や釣りがしたいなら、嵐をやりながらだってできる。

 

だけど、「何にも縛られず自由になりたい」と言われたら

もう、そうか、しか言えないじゃない。

 

どうしたって、どう引き止めたって、それはもう

私たちが手を離すしか叶う方法はないじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

こんな時でも、嵐が嵐でいようとしてくれている事に泣けて来るし、休止という優しくて残酷な言葉を選ぶところが嵐だなあと、私の大好きな、私が応援してきた嵐だなあと思ってまた何とも言えない気持ちになります。

 

 

 

 

 

痛いほどに分かる。

日本中の視線を浴びる彼らには到底私はなれないけれど、それでも同じ人間として、社会人として、全く分からない話じゃない。

同じ世代の人が当たり前にしている事、また私たちが当たり前に経験してきたことを

犠牲にして、そしてそれはこれからも一生続くことを考えた時、大好きな彼らに、無理強いはできない。

 

 

 

 

 

 

言葉が出てこないです。

心にぽっかり穴が開く、ってこう言うことを言うんだなあと思う。

呆然と見たジャニーズウェブの彼らの動画。

智くんの苦しそうな表情に、こう言う顔させたいわけじゃないのにな、と思った。

ニノが努めて明るく振舞って、だけど目はいつもと違って、アイドル二宮和也を全うしようとしてくれていた。相葉ちゃんで泣きました。なんかもう、智くんが喋ってニノが喋って、潤くんが喋って、相葉ちゃんで限界でした。泣きたくないのに、泣くつもりなんかないのに、自然と泣けてきました。翔ちゃんのコメントは覚えてないです。

 

 

もういいよって、もうこんな時くらい嵐にこだわんなくっていいよって言ってあげたくなるくらいに、彼らは嵐を必死で守ろうとしていて、それは智くんだってそうで、だって、自由になりたいって言ったのに、嵐でいることを選んだんだよ?どんだけ4人が説得したんだよ、どんだけ、4人のこと好きなんだよ。

 

 

私以上に、私たち以上に、自由になりたいと言う智くんを自由にしてあげたいと

思っているのは他の4人で、なのにその4人が必死に嵐を守ろうとしているの

考えただけで辛すぎる。もう、いいよ。もう、いいからって言ってあげたくなるのに

泣けて来るからどうしたらいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

ファンはいつだって彼らが出した結論を追いかけていくことしかできないです。

何があっても応援することしか私たちにはできない。

悲しくて、悲しくて、もう本当に悲しいしかないんです。

でも、彼らが出した結論がこうなら、もうただただそれが行く末を見届けるしかない。

嵐が、2020年まで走り続けるというなら風を送り続けるしかないし、

そのあとも嵐でいるなら、私たちはそれを受け入れる。

 

 

 

でも、やっぱり悲しいね。

悲しい。悲しいしかない。今はただただ、それだけです。

そして彼らが必要以上に傷つきませんように、そう願う気持ちだけです。