碧のサカナ

V6.嵐.ハロプロについてお話しします。

渋谷すばるがもうすぐ関ジャニ∞からいなくなる

 

 

書こう書こうと思って、あの記者会見から

何度か書いては書ききれなくて、ずっと下書きに入れていたんですけれども、また、一から書いてみます。いなくなる前にどうしても書かなければと思ったから。

 

 

 

ずっとうまく言葉が見つからなくて、

あの記者会見が行われた直後はすばるの出した決断に、彼を責めるような言葉しか思いつかなかった。

 

勝手すぎでしょ。

残されたメンバーはどうなるの?

あなた、メインボーカルだよ?

 

 

 

 

大好きだからこそ、それはもう、めちゃくちゃに、はああああ?ってなったし、正直それは今も思ってることで、多分、彼がグループを離れてから、新しい活動を見たときに、また違う気持ちになるのかもしれないなあという予感だけがあります。

 

 

なんとなく、まあ後付けっちゃ後付けだけど、アイドルとしての自分というものの期限を、ここ何年かで芽生えた想いではなく、割と昔から決めていたのではないかなあと思いました。

 

すばるくんをずっと長く応援してきたわけではないけれど、わたしなりの解釈では、アイドルというものに対して、反骨精神があった時代と、アイドルというものを全肯定して活動を行なっていた2つの時代が彼の中にあると認識しています。

 

明確にいつからって訳ではないけれど、そのアイドルというものを全肯定して、活動を行なってきたあたりから、もしかしたら同時に期限というものも見据えていたのかなあ。

 

「いや、そんな難しいことは考えてへん」

って言われちゃいそうですけどね。

 

でも1つだけ言えるのは、彼はアイドルというものに対して責任感とプライドをもってやっていて、そして彼なりのアイドルというものに対して全力で向き合ってきた期間が絶対的にあったということ。そして、今回の決断は、そのアイドルとして責任感とプライドを持ってやってきた歌を、アイドルの枠から出た世界でやりたいと思い、全力でアイドルに向き合えなくなったからの決断だと勝手に思っています。

 

メンバーがeighterが何より大事で大好きだから、それに全力で向き合えないことを嫌ったのだと思っています。

 

この数ヶ月で勝手にそう解釈してみた。

 

 

それにしても、すばるがいない関ジャニ∞っていうものが想像できなくて、そもそもそれは関ジャニ∞って言えるのかって思ってしまうのだけど、正直不安の方が大きい。期待よりも不安でそして悲しくて仕方ないです。

 

 

 

 

わたしは乃木坂ちゃんも応援しているアイドルオタですけれども、こないだ生駒里奈さんが卒業したんですよね。舞台に居場所を見つけたという理由で。(もちろん他にも理由はあるのだろうけど)

 

その生駒ちゃんの卒業コンサートの時、メンバーの齋藤飛鳥さんが言った言葉がすごく残っていて、今の気持ちにもぴったりなので書きたいのですが、

 

 

 

生駒ちゃんが、まだ乃木坂に居たいって思えるようなグループじゃなかったことが悲しくて悔しい。

 

 

一言一句、同じな訳じゃないですが、このようなことを言ってたんですよね。ああ、ほんとそれだなあって。もちろん、生駒さんは乃木坂が嫌で卒業したわけではないのだけど、でも残されたファンとメンバーの気持ちってそういう風になっちゃうんだよなあって思った。

 

 

すばるくんが、それでも関ジャニ∞に居たいって思えるようなグループじゃなかったのが悲しい。

 

 

 

でもなあ、記者会見を見てると、

多分この人は、グループがメンバーがeighterが大好きだから、中途半端なことできなかったんだろうなあっとも思うんですよ。それが先程書いたアイドルを全力で向き合えないからって話にもなるんですけど。

 

ちょっとは、ブレてくれよって。

中途半端でいいじゃん。って言ってしまいたくなるくらい、筋を通す男だから。そこが魅力的で大好きなんだけど、でも今回ばかりは大好きだから、大嫌い。嫌いだなあって思ってしまいます。そして、丸ちゃんの言うように、大好きだから、何も言えない。頑張れとも行かないでとも言えない。

 

 

うん、この話はどこに落ち着くんだって話なんですけど落ち着かないです。きっと、何年かたって、関ジャニ∞もすばるもどちらも順風満帆な活動していても、それでもわたしは、関ジャニ∞でいて欲しかったと願ってしまうし、すばるのこの決断を肯定することはできないです。

 

 

 

 

 

ずっとずっと、関ジャニ∞渋谷すばるでいて欲しかった。自分で期限なんて決めて欲しくなかった。おじいちゃんになっても、アイドルやってます!って言いながら歌っていてほしかった。ずっとずっと、eighterって叫んでいてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、本音です。ファンとしての自分勝手な本音です。

 

 

 

でもすばるくんはもう前を向いていて、というか、この決断自体が前を向いた決断で、きっと不安はたくさんあるだろうに、それを見せないメンバーも含め、カッコいいなあと思います。どうしようもなく、カッコいいからずるいなあって思います。ああ、結局大好きなんだなあって。

 

 

残された時間はもうすぐきます。

時間は止まってくれないので、わたしたちはその一瞬一瞬を噛み締めて、応援するのみです。大好きなすばるくん、絶対絶対幸せになれよ!!!!!